くすりエクスプレスの個人輸入はこちらから

ED治療薬を使用することができないケース

患者さんがどんなにED治療薬の処方を望んでも、ケースによっては医師が処方を認めないことがあります。

 

そのような方は、専門医に勃起不全の治療に訪れた男性の1割になるといわれています。その芸人は様々ですが、大きな理由としては、持病に治療に硝酸塩を使用していること、狭心症の病を患っていること、血圧の異常があること、性のパートナーの協力が得られなかったことなどが挙げられます。

 

それ以外にもうつ病などの精神疾患、ひどい糖尿病や高血圧なども処方をされない原因とされることがあります。これらの症状を持っている人がED治療薬を使用することで、悪い影響が出ることが想定されるからですが、場合によっては、注意しながら使用することで許可されることもあるようですが、その為にはED治療薬についての知識を持つ必要が条件に出されることが多いようです。

 

もちろん、使っているうちに、知らない間にこのような病気を発病してしまっている人は、直ちに医師に相談して、ED治療薬を使用しても大丈夫かを確認する必要があるでしょう。

 

私自身も血圧が高い方で、医師からも状態を確認しながらED治療薬を使うように指示されています。体調が悪い時にはED治療薬を使用を控えるようにしています。性欲も大事ですが、命の方がもっと大事ですからね。


page top