くすりエクスプレスの個人輸入はこちらから

EDの症状と対処方法

バイアグラは飲むことで血流の流れがよくなるだけでなく、EDの人特有の性器への血流を止める働きを解除することができるのです。

 

普段は性器への血流はシャットアウトされています。そうでないとずっと勃起しっぱなしになってしまうからです。

 

性的興奮を受けることによって脳から信号が送られてせき止めていたダムが開き、性器へ血液が流れるのですが、EDの人はこのダムがうまく開かないのです。

 

バイアグラはそのダムが開くのを助ける働きがあります。なので、薬の効果がある時には少しの性的興奮でも簡単に勃起します。さらに血液の流れもよくなるので、勢いよく勃起することができるのです。

 

バイアグラは海外では薬局などで簡単にくにゅうすることができるのですが、日本ではまだそこまで進んではいません。病院でEDとして診察してもらって医師が必要だと診断して初めて処方してもらえます。

 

EDの治療に関してはほとんどが投薬治療ですので、ほとんどのケースで処方してもらえるのですが、まれに処方されないケースがあります。それはED患者さんが心臓病などを患っているケースです。バイアグラは一緒に服用してはいけない薬があり、心臓病の治療薬がそれに該当することが多いのです。

 

しかし、バイアグラ以外にも病院が処方してくれうくすりはありますので、持病がありくすりを常時服用している人はきちんとED治療の際に説明しておくと、バイアグラ以外の治療薬を処方してくれるでしょう。

 

 

新潟にバイアグラをで院内処方してくれる病院ができたそうです。近い未来にドラッグストアーなどでも販売されるようになるといいですね。

 

バイアグラは実は海外から輸入することができるのです。薬局で売っていない薬を海外から輸入するのって、違法なんじゃないのと思う人もいるかもしれませんが、ルールさえ守れば大丈夫です。

 

そのルールとは、バイアグラを購入する場合には自分自身で使うと証明する。

 

必要以上に大量に購入しない。大きくこの2点を守ることが義務付けられています。あとは海外旅行に行ったときに海外で自分で購入して日本に持ち込む方法です。この場合に関しても自分自身で飲むことが条件となります。


page top